商品詳細
トップページカテゴリ一覧 > [LABEL] BARRIO GOLD RECORDS / CHICANO MUSIC > English Oldies


商品番号ZBG-2112
タイトルEnglish Oldies
アーティスト名ROYAL JESTERS
本体価格2,700円
税・送料税別・送料別

0


 
[CD] "English Oldies" ROYAL JESTERS
※この商品は輸入盤です。日本語解説は付属しておりません。

テキサス・サンアントニオで1958年、マイク・ペドラーサ、オスカー・ローソン、ヘンリー・エルナンデス、ルイス・エスカランテで結成されたメキシコ系グループ。ドゥーワップに溶け込ませたメキシカン・ボレロのハーモニー。ルイス・エスカランテ、ディマ・ガルサ、ジョー・ジャマなど伝説的な歌手を常に擁し、アメリカ生まれのテハーノ(メキシコ系テキサス人)たちに向けて数々の英語歌詞によるシングル録音を残した。テハーノ向けのスペイン語放送では、敢えてそうしたナンバーを「イングリッシュ・オールディーズ」と呼んだ。ロマンティックな甘いナンバーの他、チリ味の効いたロックンロールやガレージ・ナンバーなど貴重な録音が多く残された。1967年に英語による1stアルバムを発表。70年代を迎える頃には、チカーノ公民家運動がテキサスの若いテハーノたちに、民族の誇りを喚起させ、英語ナンバーから、よりハイブリッドなルーツに根差すサウンドとスペイン語ナンバーによるオンダ・テハーナ・ブームが起こる。ロイヤル・ジェスターズもホーンやオルガンを取り入れたオンダ・テハーナ・サウンドによるアルバムを3枚のアルバムを発表後、77年に活動を停止した。本作は、英語ナンバーだけを集めた初のコンピ盤。何千ドルというプレミアがつくジョー・ジャマ名義「マイ・ライフ」、ノーザン・ソウル・コレクターが探すディマ・ガルサ名義の録音、また軽いラテン・リズムを内包するラテン・ファンクのレア・チューン「スパニッシュ・グリース」や可憐な「マイ・カインド・ウーマン」、「マンニング・アヴェニュー」など初期から70年代中盤までの貴重な音源を収録したチカーノ音楽ファン必携盤。豪華20ページブックレット付

※同タイトルのLPはこちら

<収録曲>
リンクのついている曲はタイトルをクリックすると試聴できます
1. I Won't Find Love Again / Dimas III
2. Take Me for a Little While / Royal Jesters
3. I'm So Sorry / Royal Jesters
4. What'cha Gonna Do 'Bout It / Royal Jesters
5. We Go Together / Royal Jesters
6. I've Got Soul / Royal Jesters
7. So Funny / Dimas III
8. What Love Has Joined Together / Royal Jesters
9. I Want to Meet Her / Royal Jesters
10. Let's Kiss & Make Up / Royal Jesters
11. Lonely Guy / Royal Jesters
12. I Never Will Forget / Royal Jesters
13. Meet Me Down in Soulsville / Royal Jesters
14. Afro-Lypso / Royal Jesters
15. Private Number / Royal Jesters
16. Use Your Head / Royal Jesters
17. My Kind of Women / Royal Jesters
18. My Life / Joe Jama
19. Sleep Late My Lady Friend / Joe Jama
20. Spanish Grease / Royal Jesters
21. Let There Be You / Royal Jesters
22. Manning Ave. / Royal Jesters
23. Lady Sunshine / Royal Jesters
24. Back to You / Royal Jesters
25. Just a Friend / Dimas III
26. Not the Right Time / Dimas III
27. You've Succeeded / Dimas III
28. Theme for a Lonely Girl / Royal Jesters